カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

インテリアを科学するアットルームズのインテリアショップ!!
防音についてのアットルームズ基準の策定と独自試験を実施!!

シンさんのあるある探検隊! 11

限界迄しなければ、能力は伸びない!
『人間は無理をしたときに、その人の本当のいいところがでるんだ!』長島茂雄
100mの自己ベスト10秒を9秒9で走ろうと思えば(自分の限界を超えようと思えば)常に全身全力で取り組まなければ9秒9で走る事は一生できないだろう。常に限界迄の努力をする事によって、限界が日常に変わった時、記録が生まれ新たな限界が登場するのである!それを繰り返す事ができれば人はどんどん成長する!自分自身に妥協する人に、成長はない!

最近、忙しさのあまり、ついつい更新を怠っていましたが・・・これこそ妥協していたって事ですね。

次回は『ピンチを楽しめ』です。乞うご期待下さい。

ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.shopping.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから http://atrooms.net

アットルームズヤフーオークションストアはこちらから http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/atroomsinte

シンさんのあるある探検隊! 10

問題がないと言う事が問題だ!(悩みがないと言う事が悩みになる!)

松下幸之助 曰く「千の悩みも結局は一つ」右手にできものが出来ると気になる。しかし、もっと大きなできものが左手にできると、そっちの方が気になってしまう。悩みも同じで、本当に悩んでいるのは一番大きな悩みだけである。逆に、一つくらい悩みがあるほうが、注意深く過ちが少なくなる。と言うこと。
人の悩みは人によって感じ方が違う(当たり前)!ある人には非常に大きな悩みでも、違う人には悩みにはならない事もある、しかし、人には必ず悩みがあり、悩みのない人は悩みがない事が悩みになってしまうのである。つまり、人は常に問題を抱えているわけで、問題のないという事があるとすれば、それが問題なのである。
しかし、人は、悩み過ぎるとそれはプレッシャーとなり、プレッシャーがかかると体内からアドレナリンが分泌されるそうである。常にプレッシャーがかかり続けると、アドレナリンが分泌され続ける為にノイローゼとなり、さらには、うつ病などの原因となるそうである。
何でもそうだが、ゼロサム(0か100)ではなく適度が良い。常に考え方をポジティブにして、脳のスイッチをオンとオフに切り替える事が大切である。
イチローは「無駄なことほど重要である」といっている。
「苦しんだから報われると思ったら大間違いです。同じ苦しむにも考えて(悩んで)苦しまないと。とにかく考える。無駄な事を。無駄な事を考えて言葉にしようとしているうちに、何かがパッと閃くことがあるんです。」(イチロー談)
*アルキメデスは、考え疲れて気分転換に入った風呂の中で、体積と重量についてのヒントを得た。ニュートンはリンゴが落ちるのを見て、万有引力の法則を発見した。サッカーは90分で1点を争うスポーツだ。ほとんどのプレーは得点にならない、いわば無駄なプレーだ。逆にいうとこの無駄なプレーの積み重ねが多い方が得点を得るチャンスが増えるスポーツということになる。

次回は「限界迄しなければ、能力は伸びない!」です。

ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop


インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!9

報告・連絡・相談は誰がする?

報告・連絡・相談は上司がするものである!
よく上司が部下に仕事の「ホウレンソウ」をしなさい!と聞く。が、本来「ホウレンソウ」の目的は情報の共有化であり、その観点からすると「ホウレンソウ」は、まず上司が部下に、そして部下が上司にする順番となるはず!どんな企業でも、まずは上司に「あらゆる情報」が伝達されるし、部下より「莫大な情報量」を持つ事になる!この「あふれる情報」を少しでも早く部下に「ホウレンソウ」できれば、ボトムアップが出来、会社に貢献する事になる!しかし、現実は上司は「あふれる情報」を「自分の能力」と勘違いして人には渡そうとしないし部下も「今日の出来事」を生理的に「めんどくさい」ので「ホウレンソウ」しない!これでは、この「情報化社会」で勝ち残る事等できるはずもない!イラク戦争で「アメリカ」と「イラク」の一番大きな違い(差)は、情報というロジスティックであり、情報のない世界では、「明かりのない球場でストライクをとるより難しい事」である!まず情報の共有化「ナレッジマネジメント」する事である!
*松下幸之助はあらゆる情報を全社員に伝える事を常に心がけ、創業当初から、当時では、一子相伝や家族しか伝えられない、製品の製造法を、新入社員にまで、伝えて個人のモチベーションを高めたそうである。又、ホレンソウの「相談」だが、やはり幸之助は個人の自主的経営力を高める方法として、「相談調が大切」といっている。「こうしようと思うが、君どう思う?」「君やってくれるか?」などは意見、判断を加えやすくする。結果的に自主性がでる。
親と子でもそうだが、お互いに対話のない親子関係はうまくいくはずもなく、結局は、どちらからというよりは、コミュニケーションをとろうという事だろう!
ただでさえ人間関係の希薄な時代、IT化が進み、さらに携帯メールなどやブログなどで直接対話ではなく、間接対話が増えつつある時代だからこそ、(当然、私もその一人ですが・・・)コミュニケーションの大切さを見直しましょう。

次回は「悩みがない事が悩みになる!」です。
どうぞ、ご期待下さい。

インテリアについてのお問い合わせ、ご要望は「アットルームズヤフーショップ」までお気軽にご連絡下さい。
http://store.yahoo.co.jp/atroomshop/

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!8

あるある探検隊「20分以上の会議は無意味である!」

今回は「20分以上の会議は無意味である」についてです。

20分以上の会議は無意味である(長い時は20分で区切り5分の休憩(右脳を使う)をとる)普通、人間が集中できる時間は20分位である。中学や高校の授業が50分なのは、教科により担当教師が代わり始めの5分に出席をとる為であり、残りを前半と後半に分けて20分づつ授業をして、間に休憩する時間を5分とる為50分になっている。教育心理学では間の休憩をとる為に、使い過ぎた左脳を休ませて、右脳を使うレッスンプランを作る事になっている。ジョークを言ったり、趣味や遊び、スポーツの話に話題を変えたりするのである。無意味な会議にならない様に、長引く時は「20分」単位で、常に左脳を休ませて右脳を使う事に心がけるべきである!

次回は、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)は誰がする?」です。
ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

シンさんのあるある探検隊!7

今回は、あるある探検隊「デジタル思考とアナログ思考を使い分ける!」です。

デジタル思考とアナログ思考を使い分ける!
どちらが良い悪いではなく単純作業化できる事はデジタル思考で、目的やプロセスはアナログ思考で考えると言う事!仕事に置き換えると、データの抽出作業はデジタル思考!抽出データを基に『なぜ?』を考えるのはアナログ思考!棚割り通りに陳列するのはデジタル思考!棚割りを考えるのはアナログ思考!・・・である。*『デジタル思考は考えない!アナログ思考は考える!』と言う事ではない!単純作業化できる事はデジタル思考で効率的に考える事により、ムダ・ムリ・ムラを減らし、大幅な時間短縮が出来ると言う事!「右脳と左脳」に似てるかも?もしかするとデジタル思考は右脳で考えて、アナログ思考は左脳で考えるとか?(その逆かも?)
要は、効率的に動く為には、使い分けが必要と言うことですね。

次回は「20分以上の会議は無意味である」についてです。

ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!6

今回は「結論を先に言う!」です。

結論を先に言う!(英文翻訳機の例)いいと思いますが・・・YES OR NO
海外とのメール時、英語に精通していないと翻訳ソフトを使用するしかないが、日本語をそのまま翻訳する為、日本語の言い回しや微妙な表現は、直訳される為、誤解を招く事もある。日本人は相手に対し始めに気遣いの表現をする事が多く、「・・・はいいと思いますが?」とか「・・・は如何なものかと?」等、肯定だったり結論がなかったり等が会話としてなりたっている。みなまで言わない日本独特の気遣いなのだが、海外の人からすると、肯定していた話が後では否定に変わっていたり、結論がなかったりと、日本人とのやり取りは非常に難しい様である。
国内でも関西弁の「考えておきますわ」等、関西では100%否定的な言い回しで、これを海外で使うと「基本的にはOK」という事になってしまう!気を付けないと大変な誤解を招く可能性もある。人との会話を含めて、結論は必ず先に言う事を心がけるべきである!日本語自体が結論が最後にくる為、英語の様に主語の後に動詞を必ず使う様に心がける!

次回は「デジタル思考とアナログ思考を使い分ける!」についてです。

ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!5

今回は「右脳と左脳を使い分ける」です。

右脳と左脳の働きが違うというのは、周知の事実ですが、一般的に右脳は趣味やスポーツなどをするときに用いられ、勉強などのときは左脳が働くといわれてるようです。

というのを参考にして、考えると、

右脳と左脳を使い分ける!(1.5〜2時間毎に仕事の質を変更する)
人間は同じ事をし続けると効率が下がる。これは右脳、もしくは左脳だけを使い続ける為に、脳に負担がかかる為だ!人間には1.5〜2時間周期のバイオリズムがある。つまり身体や脳もバイオリズムの周期に合わせて、2時間毎に使い分ければ、疲れる事がなく、常に効率良く働く事が出来る!

次回は「結論を先に言う!」についてです。

ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!4

「知ったかぶりをしない」

聞(聴)くは一時の恥、知らずは一生の恥(知ったかぶりをしない)というのはしっていると思いますが・・・


もし、こんな事を聞いたら『こんな事も知らないのかな?』と思われてしまう!っていうのは良くある事!でも、もし、恥ずかしがらずに、聞くことが出来れば、それで問題が解決できたり、答えが見つかったりする事になる!それを知らなかったばかりに、取り返しの付かないミスや間違いを起こしたり無駄な膨大な時間を浪費する事になる。パソコン等は良い例で、ちょっと使い方に迷った時等、詳しい人に聞く事が出来れば、どれだけ無駄な時間を節約する事ができるだろう?(あくまでも、基本は慣れる事、コーチのアドバイスと考える事が前提である!)

要は、正直でいようということですが、人に正直なのはもちろんだが、まずは、自分に正直であることが先決!なぜなら、自分が正直かどうかは自分が一番よくわかっているから・・・

次回は「右脳と左脳を使い分ける」についてです。

ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!3

今回は「褒める気持ちを忘れない」です。

褒める気持ちを忘れない!「やってみせ、ゆってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かぬ」
有名な山本五十六 連合艦隊司令長官の言葉です。実はイエスキリストの聖書にキリストが弟子達を神の業にあずかるようにと動かして行く時も、全く同じだったと福音書にあるそうです。最後に必ず人を褒める事が、人を動かす極意である!
(親が子を・上司が部下を・が基本である!部下が上司を褒めるのは、他人から見ると処世術になりかねない為)「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」瓜の畑に入ると瓜を盗もうとしていると思われるし、李(すもも)の木の下で冠を直そうとすると李を取ると疑われるので、例え冠がずれていても直してはいけないと言う事。疑いをかけられる様な事はしない!


子供のサッカーや野球チームの父親コーチが、良く子供を叱り飛ばしているのを耳にする。と言っている私自身も気持ちは分かる。
でも・・・子供が伸び伸びと自らプレーするためには、何かが欠如しているように思う。
何でもそうだが、人のあらは良く見える。(自分は棚に上げる)やはり、人のあらを指摘するより、人のいい所を伸ばしてあげるのが、人を成長させるポイントか?
一歩引いて、褒める心を持ってみよう!まずは、子供から・・・

次回は「知ったかぶり」です。
ご期待下さい。
ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

アットルームズヤフーショップはこちらから http://store.yahoo.co.jp/atroomshop

インテリアショップのアットルームズはこちらから 

http://atrooms.net

シンさんのあるある探検隊!2

シンさんのあるある探検隊の第2回目

専門知識より一般常識(専門常識は非常識)」です!

専門知識より一般常識(専門常識は非常識)
人が社会で生きていく上で大切な事は、専門的な知識の前に、一般的な知識であり常識である!(基本) 

算数の出来ない人が数学を学んでも、身につく事はない!基本的な常識を疎かにして、専門的な知識を表面的に学んでも、身につく事はないし、世間一般の人から見れば、常識のない人間にしか見えない!基本が出来て始めて、応用が出来る!(当たり前の事が一番大切で、又、難しいものである。)

(トリビア『無駄知識』や雑学等は一般常識ではないが、あらゆるジャンルに精通する為、非常に大切である)

ってなことなんですが、スポーツの世界でもどんな世界でも言えることですねえ!

キャッチボールが出来ないのに野球は出来ないでしょうし、キックが出来ないのにサッカーは出来ないですよね。

でも、社会を見渡すと、実にそんな人の多いことか?良く見ますね、そんな人・・・!

やっぱり、専門知識を身につける前に、一般常識を身につけましょうよね!

ってなわけで、第3回目は、かの有名な「山本五十六 連合艦隊司令長官」の言葉、「褒める気持ちを忘れない!」です・・・

ご期待下さい。

ご要望などありましたら、聞かせてくださいね!

インテリアショップのアットルームズは、こちらから・・・http://atrooms.net

アットルームズヤフーショップは、こちらから・・・http://store.yahoo.co.jp/atroomshop 


ページトップへ